FAQ

愛称は「ナノテラス」 仙台の次世代型放射光施設

 東北大青葉山キャンパス(仙台市)で2023年度の完成、24年度の運用開始を目指す次世代型放射光施設の愛称が「ナノテラス」に決まったことが11日分かった。地元側の運営主体の光科学イノベーションセンター(仙台市)などが6月上旬にも正式発表する。

 センターと国側の運営主体の量子科学技術研究開発機構(千葉…

残り 543文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る