放射光施設の産業利用へ現地調査 東北経産局の検討委

 東北大青葉山キャンバス(仙台市)で2023年度の稼働を目指す次世代型放射光施設の産業利用を促進しようと、東北各県の公設試験場の担当者ら約30人が29日、建設中の施設を現地調査した。

 担当者らは東北経済産業局の「産業利活用検討委員会地域企業支援ワーキンググループ」に所属し、活動の一環として実施された…

残り 216文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ