「復旧早っ!」 最長100mひび割れの東北道、16時間で再開できた訳とは

 宮城、福島両県で最大震度6強を観測した3月16日深夜の地震で、東北自動車道は最長100メートルのひび割れが生じるといった大きな被害が出た。通行止めは長期にわたるかと思われたが、地震発生から約16時間で走行が可能に。交流サイト(SNS)には「復旧早っ!」「感謝しかない」と東日本高速道路(ネクスコ東日本)への称賛があふれた。知られざる現場の奮闘、重なった幸運を記録する。(編集局コンテンツセンター・佐藤理史)

東北道国見―白石IC間下り線、白石ICから南へ約5キロ付近にできた大きなひび割れ=2022年3月17日午前(東日本高速道路提供)

 地震は午後11時36分ごろ、福島県沖で発生。宮城県蔵王町、福島県国見町などで震度6強を観測した。高速道は計測震度4・5(震度5弱相当)以上で通行止めになる。東北では東北道、常磐道など10路線が対象となった。

 東日本高速道路東北支社(仙台市)は管理する約1400キロ区間のうち、通行止めの約760キロ区間を中心に被害の確認を急いだ。14の管理事務所には当直社員に加え、保守、管理、点検を担うグループ3社の社員が自主的に集まった。班が編成され、点検すべき区間・路線が割り振られた。

 17日午前0時ごろ、福島管理事務所(福島市)は道路パトロールカー3台で点検に出動した。慎重に走る車内から、社員らはヘッドライトや懐中電灯の明かりを頼りに、深夜の黒い路面に目をこらした。

 東北支社保全第1課の横田武課長は「各管理事務所は毎日走行して現場を熟知しており、わずかな違いにも気付くことができる」と説明する。

 支社は、八木茂樹支社長を本部長とする防災対策本部を立ち上げた。管理事務所から電話でさみだれ式に寄せられる情報をホワイトボードに書き出し、被害の大きい箇所を絞り込んだ。

ひび割れに砂を詰める作業員(東日本高速道路提供)

 午前0時45分ごろ、福島管理事務所の点検班が東北道白石―国見インターチェンジ(IC)間に到着。ひび割れは最長約100メートル、幅30~50センチ、段差約10センチ、深さ約1メートルに及んでいた。「1日、2日の仕事じゃない。かなり時間がかかる」。報告を受けた横田課長は長期戦を覚悟した。

 それでも大きな被害は同区間と常磐道常磐富岡―山元IC間に限定され、散在していなかったのは幸いだった。対策本部は、管内の被害が軽かった山形管理事務所(山形市)、郡山管理事務所(郡山市)をそれぞれの区間の応援に向かわせることができた。

 通行可能にするには、ひび割れを埋める応急復旧を急がなければならない。1、2センチ程度のひび割れなら加熱、混合がいらない「常温合材」と呼ばれる補修材を用いるのが早い。

 今回はひび割れが大きく、各事務所が保管する合材で足りない可能性があり、補修後の強度が不足する恐れもあった。加熱式アスファルトを使う通常の舗装方法を取りたい場面だった。

 しかし、肝心のアスファルト工場は地震に伴う停電の影響で稼働できなくなっていた。翌朝から工事に取りかかれるよう手配を進めたが、補修の方針は決められなかった。

アスファルトをレーキやスコップで敷きならす作業員(東日本高速道路提供)

 午前7時ごろ、電力復旧の吉報が届く。あづまアスコン(福島県伊達市)の工場が再稼働した。計54トンのアスファルトが製造され、タンクローリーで現場に次々と運び込まれた。

 重ねて幸運だったのは「路盤」の損傷が深刻ではなかったことだ。舗装面を支える路盤を補修するには、路盤の上にあるアスファルトをはがし、再び舗装しなければならない。早期復旧の「とても大きな要因になった」(横田課長)。

 応急復旧工事が本格的に始まったのは午前10時を回っていたが、ここからが早かった。約200人の作業員がひび割れに砂を詰め、ならす。午後1時ごろ、舗装工事に入る。レーキやスコップでアスファルトを敷き、タイヤローラーで押し固めた。

 原動力は社会インフラを担う使命感だという。横田課長は「東北新幹線は運転再開までに時間がかかりそうだという情報が入っていた。特に東北道は東北と他地域を結び、人と人をつなぐ国内最長の大動脈。一刻も早く開通させなければ、という気持ちをみんなが持っていた」と振り返る。

タイヤローラーでアスファルトを踏み固める(東日本高速道路提供)

 作業開始から約5時間半たった17日午後3時半、通行止め解除にこぎ着けた。当初の想定から1日前倒しされた。工事箇所が限られ、損傷の程度は見込みより軽く、補修に必要な人員、資材が首尾よく集まった結果だった。

 運だけでなく、日頃の備えも時短につながった。補修を請け負う道路舗装大手の大林道路(東京)との契約書には「災害時の協力」を盛り込んでいた。通常の工事契約は図面制作や価格見積もりで数カ月を要する。応急復旧では工事を先行実施し、精算する仕組みを整えていた。

 2011年の東日本大震災をはじめ昨年2月の震度6強など、東北支社管内はたびたび大きな地震に見舞われている。「マニュアルをめくらなくても、初動をどうするかは頭に入っている」。定期的な訓練を含め、災害時対応の経験を重ね、組織としての判断は早くなっているという。

応急復旧が終わった東北道国見-白石IC間=2022年3月17日午後(東日本高速道路提供)

 東北支社はツイッターに、工事の前と後の写真を添えて通行止め解除の知らせを投稿した。驚きや感謝の返信が数多く寄せられ、4万6000件を超える「いいね」が付いた。

 横田課長は「温かい言葉をいただき、事務所の社員や作業員の方々の励みになったと思う。褒められるためではなく、ちゃんと直している様子を伝え、安心して通行してもらうため情報発信は大事にしたい」と話す。

 地震から2カ月が過ぎ、以前と同じ平らな状態に戻す「本復旧」に向け工事計画を練っている。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る