コロナ、地震乗り越え福島V9 全国新酒鑑評会で金賞17銘柄

金賞を受賞した17銘柄の酒。郡山市で日本一を記念したセレモニーがあり、勢ぞろいした=25日

 酒類総合研究所(広島市)は25日、2021酒造年度(21年7月~22年6月)に造られた日本酒の出来栄えを審査する全国新酒鑑評会で特に優れていると評価された金賞酒を発表した。福島県が、都道府県別で全国最多となる17銘柄の金賞を獲得し、史上初の金賞受賞数9回連続「日本一」を成し遂げた。

 全国から826点が出品され、405点が入賞した。東北の県別金賞獲得数は秋田13、山形11、岩手と宮城各5、青森4だった。福島は32銘柄が入賞し、そのうち17銘柄が金賞だった。

 新型コロナウイルスの影響で飲食店の需要減少が続く中、3月に最大震度6強の地震に見舞われた福島県内の蔵元の関係者らは喜びに沸いた。

 鑑評会は1911年に始まり、110回目。コロナ禍の影響で20年は金賞酒の選定が見送られた。

酒蔵などの関係者が9回連続日本一の快挙に喜んだ=25日、郡山市の県農業総合センター

技術と情熱、偉業支える

 全国新酒鑑評会で受賞した日本酒の発表が25日にあり、福島県が金賞受賞数17銘柄で9回連続、通算11度目の日本一を達成した。新型コロナウイルスによる需要の低迷に加え、昨年2月と今年3月の地震被害を乗り越えての快挙。関係者から喜びの声が上がった。

 郡山市の県農業センターで偉業を祝う記念セレモニーがあった。井出孝利副知事は「おいしさの秘密は米、水、人の三要素が良いからだ」と蔵元の酒造技術の高さと情熱をたたえた。県酒造組合(福島市)の特別顧問で「日本酒の神様」と称されている鈴木賢二さん(60)は「酒米が溶けやすく恵まれた年だった。日本一を確信していた」と解説した。

 同組合の有賀義裕会長は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で家飲みにシフトし、高価格帯がそろう福島の日本酒の消費量が減少傾向にあると説明。出荷数量は少しずつ持ち直しているものの、コロナ前と比べ10%ほど落ち込んでいるという。「国内外に『福島の酒、ここにあり』とPRしたい」と意気込んだ。

 13回連続で金賞受賞した「奥の松」の東日本酒造協業組合(二本松市)は、東日本大震災以降、大きな地震に見舞われるたびに被災。酒造りと蔵の修理を交互に繰り返しているだけに喜びもひとしお。遊佐丈治代表取締役は「納得のいく酒を出品できた。今回を弾みに輸出や国内消費の増加に期待したい」と語る。

 今年は二つの蔵元が初めて金賞を受賞した。「陣屋」の有賀醸造(白河市)の杜氏(とうじ)も務める有賀裕二郎常務は「東日本大震災を機に一念発起し、一年一年技術向上に取り組んできた。県内では若い人が営む蔵元が多く、競い合うように技術を磨いている」と話し、さらなる飛躍を誓った。

[東北の入賞酒一覧]
☆は金賞酒


【青森】入賞7、金賞4
稲村屋文四郎(鳴海醸造店)☆
じょっぱり(六花酒造)
豊盃(三浦酒造)☆
六根(松緑酒造)
金冠喜久泉(西田酒造店)☆
如空(八戸酒類 五戸工場)☆
桃川(桃川)


【岩手】入賞13、金賞5
桜顔(桜顔酒造)☆
あさ開(あさ開)☆
酔仙(酔仙酒造 大船渡蔵)
浜千鳥(浜千鳥)☆
千両男山(菱屋酒造店)
龍泉八重桜(泉金酒造)
月の輪(月の輪酒造店)☆
廣喜(廣田英俊)
南部美人(南部美人)☆
南部美人(南部美人 馬仙峡蔵)
鷲の尾(わしの尾)
磐乃井(磐乃井酒造)
岩手誉(岩手銘醸)


【宮城】入賞12、金賞5
浦霞(佐浦 矢本蔵)☆
鳳陽(内ケ崎酒造店)☆
墨廼江(墨廼江酒造)☆
一ノ蔵(一ノ蔵 本社蔵)
綿屋(金の井酒造)
蒼天伝 大吟醸(男山本店)
金紋両國 喜祥(角星)
蔵王(蔵王酒造)☆
黄金澤(川敬商店)
澤乃泉(石越醸造)
萩の鶴(萩野酒造)☆
栗駒山(千田酒造)


【秋田】入賞19、金賞13
新政(新政酒造)
高清水(秋田酒類製造 本社蔵)☆
高清水(秋田酒類製造 御所野蔵)☆
酔楽天(秋田酒造)
銀鱗(那波商店)
両関(両関酒造)
爛漫(秋田銘醸 本社工場)☆
福小町(木村酒造)☆
一滴千両(秋田県醗酵工業)☆
秀よし(鈴木酒造店)☆
雪の茅舎(齋彌酒造店)☆
天壽(天寿酒造)
飛良泉(飛良泉本舗)☆
太平山(小玉醸造)☆
一白水成(福禄寿酒造)☆
千歳盛(千歳盛酒造)☆
まんさくの花(日の丸醸造)☆
刈穂(刈穂酒造)☆
福乃友(福乃友酒造)


【山形】入賞21、金賞11
秀鳳(秀鳳酒造場)
出羽桜(出羽桜酒造 山形蔵)☆
東光(小嶋総本店)
羽陽錦爛(錦爛酒造)☆
米鶴(米鶴酒造)
東の麓(東の麓酒造)
一生幸福(鈴木酒造店 長井蔵)☆
惣邑(長沼)
出羽桜(出羽桜酒造)
十四代(高木酒造)☆
くどき上手(亀の井酒造)☆
白露垂珠(竹の露)☆
大山(加藤嘉八郎酒造)☆
栄光冨士(冨士酒造)☆
上喜元(酒田酒造)☆
初孫(東北銘醸)☆
辯天(後藤酒造店)
浅黄文政五年(朝日川酒造)
あら玉月山丸(和田酒造)
松嶺の富士(松山酒造)☆
杉勇(杉勇蕨岡酒造場)


【福島】入賞32、金賞17
金水晶(金水晶酒造店)
陣屋(有賀醸造)☆
千駒 大吟醸(千駒酒造)☆
寿々乃井(寿々乃井酒造店)☆
廣戸川(松崎酒造)☆
笹の川(笹の川酒造)
雪小町(渡辺酒造本店)
三春駒(佐藤酒造)
藤乃井(佐藤酒造店)
東豊国(豊国酒造)☆
人気一(人気酒造)☆
奥の松(東日本酒造協業組合)☆
千功成(檜物屋酒造店)
会津中将(鶴乃江酒造)☆
花春(花春酒造)
名倉山(名倉山酒造)☆
会津宮泉(宮泉銘醸)
会津吉の川(吉の川酒造店)
大吟醸 きたのはな(喜多の華酒造場)
笹正宗(笹正宗酒造)☆
國権(國権酒造)☆
開当男山(渡部謙一)
田島(会津酒造)☆
ロ万(花泉酒造)
榮四郎(榮川酒造 磐梯工場)
玄宰(末廣酒造 博士蔵)☆
アイヅオトコヤマ ワ(男山酒造店)☆
萬代芳(白井酒造店)☆
學十郎(豊国酒造)☆
一生青春(曙酒造)
飛露喜(廣木酒造本店)
七重郎(稲川酒造店)☆

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る