一足早く夏気分! 宮城、福島8カ所で30度超え

気温が上昇する中、海辺で歓声を上げてはしゃぐ子どもたち=29日午後2時ごろ、仙台市宮城野区中野の向洋海浜公園

 東北地方は29日、高気圧に覆われ気温が上昇した。仙台管区気象台によると、宮城、福島両県の観測地点計49カ所のうち、8カ所で最高気温が30度を超える真夏日となった。28カ所で今年最高、2カ所で5月の観測史上最も高くなった。

 最高気温は、福島県広野が5月の観測史上最高の31・8度、同浪江31・6度、伊達市梁川30・7度、福島県塙町東白川と福島30・6度、宮城県蔵王と相馬30・2度など。宮城県内の真夏日は今年初めて。仙台は29・6度だった。

 厳しい暑さの中、仙台市宮城野区の向洋海浜公園の海辺では、子どもたちが水遊びに歓声を上げていた。

 30日の東北地方は高気圧に覆われ、日本海側はおおむね晴れ。太平洋側は湿った東寄りの風の影響で曇りや晴れとなる見込み。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る