FAQ

「厄介者」をラーメンのだしに 七ヶ浜産のイワガニ、「だし廊」と漁協が商品化

 宮城県七ケ浜町で水揚げされるイワガニが、冷凍ラーメン用のだしとして活用されている。これまで買い手がいないため廃棄されていたが、仙台、名取両市でラーメン店「だし廊」を展開するブロスアップ(仙台市)と県漁協七ケ浜支所が連携し、商品化にこぎ着けた。海の幸を活用して国連の持続可能な開発目標(SDGs)に貢…

残り 801文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る