閉じる

被災体験を取材、みんなで共有 「防災記者」第2期9人研修始まる

 東日本大震災の教訓や災害への備えを学んで発信する中学生対象の「かほく防災記者研修」(河北新報社主催)の第2期が29日、仙台市青葉区の河北新報社で始まった。宮城県内の中学生9人が登録。第1回研修では、自分や家族の被災体験を発表したほか、震災の被害と災害から身を守るポイントを学んだ。

 生徒は震災をはじ…

残り 461文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

いのちと地域を守る
わがこと 防災・減災 Wagakoto disaster prevention and reduction

指さし会話シート
ダウンロード

 第97回むすび塾での聴覚障害者や支援者の意見を基にリニューアルしました。自由にダウンロードしてお使いください。

指さし会話シート
みやぎ防災・減災円卓会議

ライブカメラ