FAQ

参院選宮城 立民、距離感に腐心 共産との共闘が衆院選で変化

 22日公示、7月10日投開票が有力視される参院選で、宮城選挙区(改選数1)での野党共闘が土壇場で成立した。立憲民主党新人の小畑仁子(きみこ)氏(44)を「統一候補」として必勝を期するが、野党勢力が連勝した過去2回の参院選と異なり、政策協定は結ばなかった。昨年の衆院選を受けた立民、共産両党の関係変化…

残り 826文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る