宮城県の津波浸水想定(10)塩釜市 市役所本庁舎、1~3メートル

 宮城県が5月10日に発表した巨大地震による最大級の新たな津波浸水想定は、東日本大震災時に被害を免れた地域や震災後に整備された集団移転先にも浸水域が広がる可能性を示した。避難方法の見直しを迫る形となった新想定。予想される浸水状況を市町ごとに点検する。(18回続き)

浦戸諸島・桂島、最大9・3メートル

 塩釜市では、浦戸諸島の桂島の外洋に面した沖合で市内最大となる高さ9・3メートルの津波が予測される。浦戸のその他の地点は朴島2・8メートル、寒風沢島6・7メートル、野々島7・2メートル。本土では塩釜港3・2メートル、塩釜漁港3・3メートル、港町3・5メートルと見込まれる。

 市内の浸水面積は5・8平方キロメートルで、東日本大震災時とほぼ同じ。本土の浸水深は港町や尾島町、藤倉で最大3メートル以上5メートル未満。浦戸は桂島、野々島、寒風沢島の外洋側で最大5メートル以上10メートル未満が想定される。

 復興事業で整備された桂島の防災集団移転団地に津波は及ばない予測だが、寒風沢島の移転団地は1メートル以上3メートル未満の浸水を予想。本土では、土地区画整理事業でかさ上げして宅地整備などをした北浜で1メートル以上3メートル未満、藤倉2丁目で3メートル以上5メートル未満を見込む。

 市内の指定避難所全20カ所が浸水を免れる一方、震災で浸水しなかった市役所本庁舎で1メートル以上3メートル未満の想定が示された。市は災害対策本部などを構える代替地を検討する。

 市は本年度中に地域防災計画やハザードマップを見直す方針。老朽化が進む本庁舎の整備も検討中で、まちづくりにも影響する。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る