三越利府店24日開業 みやぎ生協内に小型店

宮城県利府町

 仙台三越は14日、小型店「三越利府店」を宮城県利府町のみやぎ生協利府店内に24日オープンすると発表した。食料品や雑貨、婦人服などを扱う。

 面積は460平方メートル。全国の個性豊かな食料品を集めるスーパーマーケット「北野エース」の商品など仙台三越で人気のラインアップをそろえるほか、仙台三越で扱う婦人服や小物類も取り寄せて購入できる。

 デジタルに不慣れな顧客にオンラインストアの利用方法を伝える「デジタルカウンター」を県内の小型店で初めて設置。地元デザイナーらを応援する同社主催の展示販売会「みやぎの力」を常設し、絵画や手工芸品、洋服などを売り出す。

 仙台三越が小型店を開くのは2018年4月の三越富沢店(仙台市太白区)以来で、県内では利府店が6店舗目。同社の担当者は「利府町は他業種も新店の進出が相次ぎ、活気づいている。お客さまのニーズに応えていきたい」と話す。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る