最大23基を19基に減 宮城・川崎の風力発電計画で関電が説明

宮城県川崎町

 関西電力は20日夜、宮城県川崎町に計画する風力発電事業を巡り、地元住民を対象にした説明会を始めた。風車の建設予定地から蔵王国定公園を外し、最大23基としていた風力発電機の設置数を19基に減らすなど当初計画を見直す方針を示し、理解を求めた。

 説明会は事業への理解を深めてもらうのが目的で、27日までに地区説明会を6回、25日には全体説明会を開く。全体説明会は報道陣に一部公開する。

 約30人が参加した初日の立野地区では、自然環境や騒音問題、景観への配慮を求める声が相次いだという。

 出席した住民によると、事業者に意見を表明できる「関係自治体」が川崎町に限定されている点について「蔵王町にも説明は必要」との声も上がった。

 関電広報室の担当者は河北新報社の取材に「地域の皆さまや関係行政機関から意見を賜りながら環境保全に十分配慮した開発を目指したい」と述べた。

 川崎町など蔵王周辺の住民らでつくる「蔵王風力発電建設計画の中止を求める会」の佐藤大史共同代表は「国定公園の除外など審査会の内容が一部反映された部分もあるが、鳥獣保護区や水源の除外など反映されない点も多く、真摯(しんし)な対応とは感じない」と話した。

 21日に笹谷地区であった住民説明会に参加した小山修作川崎町長は「一回でも多く説明会に参加し、住民の声を聞いていきたい」と話した。町は説明会などを踏まえ、7月4日まで県に意見書を提出する。

 当初計画によると町西部の前川地区の1600ヘクタールに最大で高さ約180メートル、直径約160メートルの風車23基を建設する。最大出力は9万6600キロワット。2028年度の着工、31年度の運転開始を目指す。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る