大規模接種会場でマイナンバーカード申請支援 宮城県、27日から

宮城県庁

 宮城県は27日~7月2日、JR仙台駅東口にある新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場「東北大学ワクチン接種センター」(仙台市宮城野区)で、マイナンバーカードの申請を支援するブースを設ける。接種者や同行者のカード取得を促し、都道府県26位の普及率(43.4%)の引き上げを図る。

 ワクチン接種の経過観察終了後、県の委託業者が申請書の作成を手伝い、写真を撮影する。自宅で個人番号を記入するなどして申請書を完成させ、受け付けセンターに郵送する。

 センターでは、米ノババックス製ワクチンの接種予約(1~3回目)も受け付けている。7月6~10日(各日200人程度)、27~31日(各日300人程度)を予定し、予約制。(1)県内在住か通勤通学する(2)18歳以上で接種券がある-が条件。2、3回目では接種間隔が異なったり、医師の判断が必要になったりする場合がある。

 米モデルナ製を使う1~4回目接種も、7月31日分までの予約を受け付け中。インターネット、無料通信アプリLINE、電話(0570)003503で申し込む。詳細は県ウェブサイトで確認できる。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る