仙台駅近くのマイナンバーカードセンター拡充 平日は申請もOKに

 仙台市は24日、青葉区のアエル5階にあった「マイナンバーカード特設センター」を同24階に移転し、取り扱い業務を拡充した。窓口を5カ所から8カ所に増やし、従来のカード交付手続きに加え、平日に限り申請手続きも受け付ける。

移転したマイナンバーカード特設窓口

 初日は6カ所の窓口を申請専用とした。78人が手続きに訪れ、それぞれ15~30分で手続きを済ませた。会場は交付窓口と合わせ、30人の市職員が書類確認や来場者の誘導に当たった。顔写真の無料撮影もあった。

 泉区の無職今野修弥さん(79)は「近所の人に『マイナンバーカードはあると便利』と聞き、いざというときに備えて申し込んだ。思ったよりもスムーズな手続きだった」と話した。

 特設センターの開設時間は平日午前11時~午後7時(申請は6時まで)、土日午前9時~午後5時。交付は完全予約制、申請は予約者優先で受け付ける。

 市戸籍住民課の小粥恵子課長は「カード保有者への最大2万ポイント付与などがあり、取得を考えている市民により簡単に申請してもらいたい」と期待した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る