東北南部、6月なのに梅雨明け 観測史上初 期間もわずか14日間

 仙台管区気象台は29日、東北南部が梅雨明けしたとみられると発表した。統計を始めた1951年以降で最も早く、平年より25日早い。6月中の梅雨明けは初めてで、梅雨の期間は14日間と過去最短だった。

梅雨明けした仙台市内。雲間から強い日差しが注いだ=29日午前10時50分ごろ、青葉区一番町3丁目の東二番丁通

名取35・6度、仙台34・6度

 この日の東北南部は広く高気圧に覆われ、宮城県内は朝から気温が上昇した。最高気温は名取35・6度、亘理と大衡村大衡33・9度で、いずれも6月の観測史上最高を記録。各地で平年を6~11度ほど上回った。

 気象台によると、太平洋高気圧の張り出しが強まり、7月上旬まで梅雨前線の南下傾向もないとして梅雨明けを判断した。これまでは1978年7月5日が最も早く、梅雨期間の最短は2011年6月21日~7月9日の18日間だった。

 梅雨期間中の降水量(速報値)は仙台が18・0ミリ(平年値75・5ミリ)と極端に少なく、山形は47・5ミリ(59・1ミリ)、福島は40・0ミリ(68・4ミリ)だった。

 最高気温が34・6度だった仙台は時折強い日差しが照り付け、市中心部では日傘を差して歩く人の姿が見られた。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る