東北、あすも電力逼迫恐れ きょうの注意報は見送り

東北電力本店=仙台市青葉区

 東北電力と東北電力ネットワーク(仙台市)は28日、気温上昇に伴って30日夕に電力需給が逼迫(ひっぱく)する恐れがあるとして、2日続けて「需給逼迫準備情報」を発表した。需要に対する供給余力を示す予備率が5%を下回る4・9%になると予想し、企業や家庭には引き続き、無理のない範囲で節電を呼びかける。

 両社は27日に初の準備情報を出して同様に注意喚起をしていたが、29日に向けた注意報発令は見送られた。29日夕に予備率が5%を下回る恐れがあったが、自家発電機を持つ事業者から電力供給の協力を得られたことなどで需給見通しが改善した。

 両社によると、30日は東北6県の県庁所在地と新潟市の予想最高気温が平均で30・3度になると予想。確保できる供給力の1156万キロワットに対し、需要が1102万キロワットになると見込む。最も逼迫するのは午後6時半~7時ごろという。

 東北電は稼働中の発電所で出力を上げるなど対応を進める。今後については「今週のような暑さが続けば、停止中の火力発電所の補修が終了する7月前半まで厳しい需給状況が続く可能性がある」と説明する。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る