閉じる

鳴子・川渡温泉の「玉造荘」12月閉館 開館54年、建物老朽化で

 宮城県大崎市鳴子温泉川渡の温泉旅館「玉造荘」が12月18日で営業を終了し、閉館することを決めた。1968年に開館した建物は老朽化が進んでおり、運営する公立学校共済組合(東京)が、改修しても費用対効果が小さいと判断した。

 玉造荘は3階建てで、客室数は23。総定員72人は川渡温泉では最大規模。公立学校…

残り 281文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ