FAQ

3度の大規模水害「人災だ」 名蓋川決壊 大崎、かさ上げ手つかず

 記録的な大雨で名蓋(なぶた)川が決壊し、広範囲で冠水した宮城県大崎市古川矢目(やのめ)地区では17日、住民が自宅の片付け作業を始めた。水が徐々に引き、堤防の決壊は少なくとも4カ所あることが判明。7年間で3度という頻度で大規模水害に見舞われた住民からは「これは人災だ」との声が上がる。(大崎総局・村上…

残り 843文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る