3年ぶり通常開催の仙台七夕、曜日の並び「当たり年」 活況に期待、第7波懸念も

 新型コロナウイルス禍を経て3年ぶりに通常規模で開催される仙台七夕まつり(8月6~8日)を巡り、主催する協賛会などの関係者が期間中の人出に気をもんでいる。曜日の並びは土日を含む「当たり年」とあって多くの集客が見込まれる一方、今月に入ってコロナ感染が急拡大。「にぎわい復活はうれしいが、感染拡大は脅威。…

残り 992文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集