閉じる

「てんこ小豆」復活目指す 秋田・横手で産学民によるプロジェクト

 秋田県の伝統的な赤飯の材料で生産量が激減している黒ササゲ、通称「てんこ小豆」の生産拡大を目指す産学民のプロジェクトが横手市で進んでいる。4月に組織を立ち上げた宮城学院女子大の石原慎士教授(52)は「伝統食の価値が再認識され、県内各地で栽培が復活してほしい」と話す。

色が濃く、つやが出る

 プロジェクト…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ