仙台七夕の大型飾り「竹を横に渡す」「地面からのばす」 アーケードに合わせつるし方に違い

 仙台の夏の風物詩、仙台七夕まつりは8月6~8日、市内で行われ、中心部商店街や個店が3年ぶりに大型飾りを出す。飾り方はアーケードの形によって異なり、知っておけば会場の散策がさらに楽しめそうだ。

 主会場の市中心部では商店街振興組合や個店が新型コロナウイルス禍前(2019年)の7割強に当たる222本の大…

残り 569文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集