FAQ

飛び地発電計画、住民ら不安視 過去に豪雨被害、森林伐採を懸念

 宮城県村田町菅生地区の住民がメガソーラー計画を不安視するのは、1986年の「8・5豪雨」など水害に苦しんできた経験があるからだ。

 8・5豪雨では、住宅1棟が流され3人が死亡。2004年の大雨では大規模な地割れが見つかり、町が住民約40人に避難指示を出した。最長で約6カ月の避難生活を余儀なくされた。…

残り 351文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る