FAQ

11キロつなぎ異例の「飛び地発電」なぜ? 宮城で計画、背景に売電価格

 8万枚以上の太陽光パネルが並ぶ施設と、約11キロ先のわずか1枚のパネルを電線を敷いて結ぶ大規模太陽光発電所(メガソーラー)が、宮城県内で計画されている。当初計画された仙台市太白区茂庭地区で開発が行き詰まったが、当時の業者が認定時の高い売電価格を維持するため、同地区の1枚に固執した異例の「飛び地発電…

残り 830文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る