東北高監督に元巨人内野手・佐藤洋氏が就任

 甲子園大会に春夏通算41度出場している東北高(宮城)の硬式野球部新監督に、同校OBで元プロ野球巨人の内野手、佐藤洋氏(60)が就任したことが1日、分かった。前監督の富沢清徳氏(55)は副部長を務める。

 同日付で着任した。佐藤氏は石巻市出身。東北高時代は1979年春から80年夏まで4季連続で甲子園に出場し、社会人野球の電電東北(現NTT東北マークス)を経て84年、ドラフト4位で巨人に入団した。

 東北高は今春の東北大会で準優勝し、今夏の宮城大会は準々決勝で聖和学園に敗れて8強だった。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る