宮城県、きょう5日に「BA・5対策宣言」 行動制限は行わず

宮城県庁

 宮城県は5日、新型コロナウイルスの流行「第7波」を受けた「BA・5対策強化宣言」を出す。発熱などの症状を訴える患者が殺到し、逼迫(ひっぱく)する医療現場の負荷軽減策として、医療機関以外で新型コロナの陽性を診断できる枠組みの構築が焦点となる。

 村井嘉浩知事と郡和子仙台市長が同日正午、県庁で共同記者会見を行い、県民や事業者への要請内容を説明する。これまでの感染対策の徹底を柱とし、一律の行動制限は行わない。宣言の期間は、今月いっぱいを軸に検討している。

 宣言は、感染力が強いオミクロン株の派生型BA・5への対応として国が新設した。宣言によって都道府県が講じる対策として(1)ワクチンの早期接種(2)高齢者や基礎疾患のある人の混雑場所への外出自粛(3)テレワークの推進-などが想定されている。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る