全国高校野球 大旗目指す東北勢チーム紹介㊦ 能代松陽 鶴岡東 聖光学院

能代松陽(秋田・11年ぶり4度目)バッテリー軸に守りからリズム

 秋田大会決勝では、昨夏代表校・明桜を破った秋田南に逆転勝ち。バッテリーを軸に守りからリズムをつくる粘り強い戦いで11年ぶりの甲子園に挑む。

 チーム打率は3割4分8厘で、5試合中2試合は2桁得点のコールド勝ち。長打力のある2番紀本と打率5割を超える主将の3番田中が打線を引っ張る。1番大高、9番保坂ら2年の好打者もそろい、切れ目のない打線で得点を重ねる。守備は3失策と手堅い。

 主戦の三浦は全試合に先発。最速144キロの伸びのある直球に加え、スライダーやチェンジアップなど変化球を織り交ぜる。控えの2年森岡は精度の高いスライダーと直球が持ち味。両右腕の継投で相手打線に狙いを絞らせない。

 工藤監督は「『日本一』を頻繁に言葉に出して鼓舞し合った。まだまだ力を発揮できる。一戦一戦全力で戦い抜く」と語る。

甲子園出場を決め、喜びを分かち合う能代松陽の選手たち

部長 田村 修
監督 工藤 明   身長  体重
 投 三浦 凌輔(3) 174センチ 65キロ
◎捕 田中 元輝(3) 165  73
 一 椛沢 心文(3) 171  86
 二 大高 有生(2) 169  63
 三 斎藤 舜介(2) 172  73
 遊 保坂 大悟(2) 171  60
 左 加賀谷 恭(3) 170  82
 中 紀本 知希(3) 175  72
 右 銭谷 那知(3) 172  62
 補 唐倉 空雅(3) 177  78
   森田  陸(3) 170  74
   柴田 大翔(2) 170  63
   虻川 颯汰(2) 173  73
   佐々木秀真(3) 173  67
   相沢 海大(3) 175  80
   浅利 一颯(3) 169  66
   淡路 建司(2) 170  64
   森岡 大智(2) 184  74 
▽優勝まで 10―0大曲、10―3秋田工、5―1大曲工、9―6秋田中央、6―3秋田南

鶴岡東(山形・3年ぶり7度目)チーム防御率0.55、安定の投手陣

 盤石の試合運びで3年ぶりの全国切符をつかんだ。準決勝まで4試合とも投手陣は無失点、打線も全てコールド勝ち。決勝は継投を決めて相手の反撃をかわす試合巧者ぶりを発揮した。

 チーム防御率はわずか0.55。投手陣は3人で、右腕の主戦小林廉は上手、横手と巧みに投げ分ける頭脳的な投球が光る。抑えの左腕矢部は181センチの長身から投げ下ろす速球が威力十分。右腕渡辺は緩急を生かした投球で打者に絞らせない。守備も5戦で1失策と手堅い。

 チーム打率は4割1分1厘。決勝まで全て2桁安打と好調を保った。軸は2番土屋。打率5割7分1厘の4打点で一発を放つパワーと犠打などの小技を併せ持つ。前田を4番で固めた中軸も切れ目がない。

 佐藤叶主将は「堅実な守備は全国で通用するはず。2019年のベスト16超えが目標」と自信を見せる。

山形中央-鶴岡東 7回2死から2番手で登板し、後続を断ってリードを守り優勝に貢献した鶴岡東・矢部

部長 阿部 雅慶
監督 佐藤  俊  身長  体重
 投 小林  廉(3) 178センチ 70キロ
 捕 土屋 奏人(3) 174  78
 一 前田 夢翔(3) 177  85
 二 古賀 亮祐(3) 165  65
 三 高橋  快(2) 170  78
 遊 関   舜(3) 170  74
 左 小林昇一郎(3) 185  90
 中 武田 虎白(3) 165  59
 右 浜田 敦也(3) 167  80
 補 矢部 充稀(3) 181  70
   渡辺 千尋(3) 177  70
   大安 晃平(2) 171  70
   佐藤 和樹(3) 171  70
   山内  涼(2) 170  64
◎  佐藤 叶人(3) 172  74
   山口 佑絃(3) 170  66
   松原 憂羽(2) 175  69
   橘  春汰(3) 173  71 
▽優勝まで 10-0上山明新館、10-0寒河江、7-0羽黒、7-0新庄東、3-2山形中央

聖光学院(福島・3年ぶり17度目)豊富な練習量、投打にバランス良く

 投打のバランスが取れたチーム。普段の練習量の多さを背景に選手たちは「日本一になる」と口にする。

 エースの右腕佐山は威力十分の真っすぐに切れのあるスライダーとカーブ、チェンジアップを織り交ぜる。春の県大会後に右脚を痛め、福島大会は体調万全ではなかったが、要所を締めた。左腕小林剛は速球と緩い変化球で打者のタイミングを外す。右の小林聡は真っすぐに切れがある。

 福島大会のチーム打率は3割7分1厘。5割と当たった先頭赤堀が出塁し、決勝で3点本塁打の3番安田がかえす形が出れば勢いづく。5割5分6厘、打点9の7番伊藤も勝負強い。

 失策は6試合で4。守備範囲が広い二塁手の高中を中心に安定感がある。

 赤堀主将は「もっと技術を高めて甲子園に乗り込む」と意気込み、斎藤監督は「全国の強豪と対等に戦い、高みを目指す」と話す。

聖光学院-光南 5回表聖光学院1死一、三塁、安田が右越えに3点本塁打を放ち、5-2と勝ち越す

部長 横山 博英
監督 斎藤 智也  身長  体重
 投 佐山 未来(3) 174センチ 75キロ
 捕 山浅龍之介(3) 175  82
 一 伊藤 遥喜(3) 175  80
 二 高中 一樹(2) 176  74
 三 生田目 陽(3) 166  72
◎遊 赤堀  颯(3) 174  74
 左 狩野 泰輝(3) 178  78
 中 安田 淳平(3) 176  76
 右 三好 元気(2) 174  73
 補 小林 剛介(3) 168  65
   小林聡太朗(3) 171  75
   杉山 由朗(2) 177  75
   清水 道太(3) 178  77
   三田寺大吾(3) 166  66
   古宇田 来(3) 180  80
   大槻 俊斉(3) 166  63
   嶋田 怜真(3) 173  85
   小松 桜吏(2) 182  68 
▽優勝まで 10-0船引、10-3小名浜海星、9-1会津工、9-5日大東北、6-0東日本国際大昌平、6-3光南

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る