東北・新潟システム障害 宮城県と県内35市町村は9日未明までに暫定復旧

 東北6県と新潟県、各県の全市町村が共同利用する「東北・新潟自治体情報セキュリティクラウド」で8日発生したシステム障害について、宮城県は9日、システムが暫定復旧したと発表した。

 県によると、外部との電子メールの送受信は8日午後2時半ごろまでに、インターネット閲覧は9日午前0時半ごろまでに、それぞれ復旧した。現在、同クラウドを受託運営するSBテクノロジー(東京)が原因究明を進めている。

 県の担当者は「県宛てに送信したメールが届いていない可能性もあるので、念のため確認してほしい」と呼びかけている。

 システム障害は8日午前4時半ごろに発生。本格導入前だった山形県と同県内35市町村を除く、東北5県と新潟県の全ての自治体に影響が及んだ。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る