FAQ

石巻・震災遺構「大川小」、劣化進む壁画を保護作業

 東日本大震災の津波で児童・教職員計84人が犠牲になった宮城県石巻市の震災遺構「大川小」で9日、劣化が進む旧体育館脇の壁画の保護作業が初めて実施された。

 壁画は旧大川小の児童が卒業制作として2002年までに手がけ、旧校舎の絵や宮沢賢治の詩をコンクリートに描いた。震災から月日がたち色が剥がれるなどした…

残り 320文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る