台風8号、きょう14日明け方にかけ宮城接近 大雨の恐れ

13日午後3時時点の台風8号の予想進路図(気象庁ホームページより)

 台風8号が接近する影響で、宮城県では14日明け方にかけて雷を伴う大雨となる恐れがある。仙台管区気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒を呼び掛けている。

 同気象台によると、13、14日の雨量は多いところで1時間に40ミリ。14日午後6時までの24時間に100ミリと予想されている。

 海上では13日夜遅くから14日明け方にかけて南寄りの暴風が吹き、しける見通し。海上の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。波の高さは13日3メートル、14日が4メートルの予報だ。

 13日午後3時現在、台風8号は静岡県御前崎市付近にあり、1時間に約20キロで北東に進んでいる。中心気圧は998ヘクトパスカル。最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。暴風域はないが、中心の東側390キロ以内と、西側165キロ以内が風速15メートル以上の強風域となっている。

 台風はこの後、13日夜遅くから14日明け方にかけて東北地方の太平洋沖を通過する見通し。14日午前3時には仙台市の南東約110キロにあり、北東に35キロの速さで進んでいるものとみられる。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る