閉じる

大地震の震度分布図、宮城県が公表 「最大6強~7」予測 12月にも人的被害分析

 宮城県は25日、大地震の被害を分析する「第5次地震被害想定調査」で、前提とする4種類の地震ごとに県内各地の揺れの大きさを算出した震度分布図を公表した。それぞれの最大震度は震度6強から震度7と予測。今回の計算結果を受け、県は12月にも季節と時間帯を3パターンに分けた人的被害や経済被害を発表する。

25…

残り 532文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ