FAQ

かつてのリゾート地に太陽光パネルがびっしり<山形・バブル夢のあと(上)>

 バブル崩壊から約30年。当時の好況を追い風として建てられ、時の流れの中で行き詰まりを迎えた施設は少なくない。山形県内で今、往時のにぎわいを物語る「遺産」や、その周辺を再活用する動きが加速している。旧施設の功罪と隣り合わせで変容する現場を訪ねた。(山形総局・小田島悠介)

転売、細分化繰り返される

 おび…

残り 1015文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る