閉じる

成年後見制度見直し 使い勝手の改善急ぎたい 社説(9/20)

 使い勝手の悪さや報酬額の不透明さから、利用が伸び悩んでいる成年後見制度について、政府が抜本的な見直しに動き出している。

 認知症や知的障害などで判断能力が不十分な人に代わって、家庭裁判所が選ぶ後見人が預貯金の管理や福祉サービスの契約、日常生活の見守りといった支援を担う制度だ。

 国内には認知症の人だけ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ