帯状疱疹「予防接種を」 宮城・川崎、県内初の助成制度が利用低調

 宮城県川崎町は、痛みを伴う皮膚疾患の帯状疱疹(ほうしん)が増えているとして、65歳以上の町民を対象に、発症を防ぐ予防接種の費用の6割を助成する制度を設けた。県内の市町村で同種の助成は初めて。6月に導入したが接種率が低迷しており、制度の周知を図っている。

 町によると、9月末時点の接種率は対象者の約3…

残り 410文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ