FAQ

大崎・古川のシンボル「緒絶橋」の柳、世代交代へ 県道拡幅、樹勢衰え移植難しく

 宮城県大崎市古川の緒絶(おだえ)橋のたもとにある柳の木が、県道拡幅に伴う橋の架け替えのため、伐採されることになった。樹齢30年を超えて樹勢が衰え、移植は難しいと判断。年内にも現在の柳を撤去し、工事完了後に新たな柳に植え替える。

「醸室」と並び立つ

 緒絶橋は、歌枕にも詠まれた古川地域のシンボル的存在。…

残り 481文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る