5年で成長「早世桐」、林業の新たな柱に 山形・最上 28年度伐採開始目指す

 山形県最上地方で、森林や耕作放棄地に通常のキリよりも成長の早い「早世桐(そうせいきり)」を植えて産業振興と環境保全に活用する試みが始まった。産学官民で連携組織を設立し、本年度から10年かけて事業化を検討。世界的な木材価格の高騰「ウッドショック」で見直される国産材の販路拡大とともに、二酸化炭素(CO…

残り 657文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ