閉じる

<歴史エッセー 仙台駅の誕生(中)>駅の場所を聞いて知事は絶句した--石沢友隆(郷土史家)

 明治19年(1886年)4月、宮城県を訪れた政府の鉄道局長官井上勝と、日本鉄道社長奈良原繁は、松平正直知事(同年7月までは県令)に仙台周辺のルートと停車場(駅)の場所を明らかにした。長町からそのまま直進し、宮城郡南目村薬師堂北裏に仙台駅をつくり岩切に進む計画だった。

 現在の場所で言うと駅舎は榴岡付…

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ