FAQ

山形・蔵王 樹氷のマツ再生へ奮闘 村山産業高生が培養挑戦

 蔵王山系の冬の風物詩「樹氷」を形成するアオモリトドマツ(オオシラビソ)の再生に取り組む村山産業高の生徒が4日、実験に使う幼木を山形市の現地で採取した。1~2カ月かけてマツの組織を試験管内で培養し、将来の植林活動につなげる。

 同校農業環境科の3年生8人が参加。蔵王中腹のロープウエー駅近くに自生する高…

残り 283文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る