閉じる

せんだい日和@壱弐参横丁 昭和の風情に酔える浸れる <カメラと一緒に街歩き>

【連載第2回】

 長屋風の建物に居酒屋や洒落(しゃれ)たショップが並ぶ仙台市青葉区一番町2丁目の壱弐参(いろは)横丁。2本の細い路地には100軒以上が店を構える。

 1946年に開設され、現在の愛称が決まった2000年までは「中央市場」と呼ばれていた。

 市民に愛され続け、今も昭和の風情が漂う横丁を歩いて…

残り 211文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集