閉じる

「道の駅」生かし地域活性化探る 山形・飯豊で全国シンポジウム開催

 道の駅の活用法を探る「全国『道の駅』シンポジウム」が21日、山形県飯豊町の町民総合センター「あ~す」で開かれた。全国の道の駅や自治体の職員ら約330人が参加した。

 弘前大の平井太郎教授(社会学)が道の駅が地域経済に与える影響について講演。パネルディスカッションでは、道の駅「つるた」(青森県鶴田町)…

残り 210文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ