閉じる

「再生エネルギー開発 自然破壊に歯止めを」 宮城・加美で東北自然保護の集い

 第41回東北自然保護の集いが22日、宮城県加美町のやくらい林泉館で始まり、東北各地で進む風力や太陽光の発電事業者による大規模開発の問題点を指摘した。自然破壊を伴う再生可能エネルギー開発に歯止めをかけるよう求める大会宣言を23日に採択する予定。

 東北の自然保護団体から約60人が参加。船形山のブナを守…

残り 360文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ