閉じる

デジタル化対応へ人材育成策探る 宮城労働局で協議会初会合

 職業訓練や人材育成の在り方を探る宮城県地域職業能力開発促進協議会の初会合が26日、仙台市宮城野区の宮城労働局であった。

 同局と県の主催で職業訓練を実施する団体や労働組合の代表、企業経営者ら14人が出席。小林健局長は「企業のデジタル化に伴い、情報技術に強い人材などを育てるため力を合わせたい」とあいさ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ