閉じる

鹿島台で3年ぶり「秋の互市」 店主と客が再会喜ぶ<アングル宮城>

 宮城県大崎市鹿島台で10~12日、東北最大級の市「秋の互市」が3年ぶりに開催された。初日の客足は鈍かったものの、2日目からは以前のにぎわいを取り戻し、計約6万8000人が足を運んだ。

 「お変わりなく、元気そうで…」。露店の店主と行き交う客らが再会を喜び、会話が弾んだ。植木や乾物、金物といった昔なが…

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

アングル

「アングル」は、四季折々の風物詩や人々の表情、地域の伝統行事、豊かな自然などにカメラを向けて、東北の魅力を再発見します。

ライブカメラ