FAQ

JR東ローカル線66区間赤字 存続求める自治体、積極利用推進図る

 JR東日本が24日公表した2021年度のローカル線収支は、新型コロナウイルス禍の長期化もあって赤字基調が続いた。鉄路存続を求める沿線自治体は利用促進策を加速させる構えだ。

 「なくしてはだめだ。鉄路を残す」。陸羽東線(小牛田-新庄間)沿いにある宮城県大崎市の伊藤康志市長は力を込める。

 鳴子温泉-最上…

残り 390文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る