FAQ

新観光列車「SATONO」24年春導入へ JR東 宮城と福島、山形走る

2024年春の運行開始を予定する「SATONO」(JR東日本東北本部提供)

「郷の景色」から着想

 JR東日本東北本部は24日、新たな観光列車「SATONO(さとの)」を2024年春をめどに導入すると発表した。季節やイベントに合わせ宮城、福島、山形の3県を走る。

 車窓から望む「郷(さと)の景色」から着想を得て名付けた。車両は大湊線など青森県内を走る観光列車「リゾートあすなろ」を改造する。2両編成で席数は59。ボックスシートの1号車は、外装が東北の豊かな自然をイメージした緑。シングルシートを備える2号車は、清らかな水や空気を表現した青で彩る。運行計画や車内サービスの詳細は未定。

関連タグ


企画特集

先頭に戻る