閉じる

丑・寅年生まれの守り本尊開張 厨子改修の仙台・大満寺虚空蔵堂 年内いっぱい公開

 仙台市太白区の大満寺が虚空蔵尊像を祭る厨子(ずし)を改修した。丑(うし)年と寅(とら)年生まれの守り本尊が次に公開されるのは11年後の2033年。西山道環住職(46)は「ご開帳を終える前に、荘厳な雰囲気とお姿を拝みに来てほしい」と呼びかける。

 厨子の奥に虚空蔵尊、向かって右に日光菩薩(ぼさつ)、左…

残り 346文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ