閉じる

あのデパートも、あの本屋も 仙台で雑紙の山から終戦直後のレア古紙が続々見つかる

 リサイクル可能な雑紙でアートを制作する仙台市民らのプロジェクト「ワケあり雑がみ部」に、終戦間もない時期に使われていた藤崎(青葉区)など市内の各商店の包装紙が大量に持ち込まれた。専門家らが調べると、現在では商店側にも残されていない貴重な物が含まれていることが分かった。所有者は商店側への寄託を希望して…

残り 629文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ