閉じる

<時の人>第168回芥川賞に決まった佐藤厚志さん 翻訳されない感情拾う

 初めてのノミネートにすっかり満足し、無欲で選考当日に臨んだ。「地元の期待に応えられて、うれしいです」と笑顔を見せた。

 受賞作「荒地の家族」は東日本大震災から10年を経た宮城県亘理町が舞台。自らも仙台市内で経験した震災は、繰り返し取り組む題材だ。「宮城の風景の端々に災害の痕跡が見える。目の前に大きな…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ