閉じる

仙台高専学生、IoTで地域課題解決へ一役 大崎・岩出山や鳴子温泉で活用 タケノコ食害防止にAI、風呂温度管理システムも

 仙台高専専攻科1年の学生が、大崎市の鳴子温泉、岩出山両地区の旅館や農場が直面する課題に対し、IoT(モノのインターネット)を活用した解決策を提案する学習事業に取り組んでいる。

 事業は同校とITソリューションのコー・ワークス(仙台市)が実施。地方の事業者の周囲には課題を相談できる技術者が限られ、高専…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ