閉じる

「製剤効果が過小評価された」 ミューズ細胞の治験で医師らが指摘

 東北大を中心に研究が進む多能性幹細胞「Muse(ミューズ)細胞」を用いた再生医療製剤による心筋梗塞の治験を巡り、治験に協力した複数の医師が患者を経過観察した際の評価や記録と、治験を実施した会社の結果報告書の内容がかけ離れ、医師らが「製剤の効果が過小評価された」と指摘していることが分かった。…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ