FAQ

「ミューズ細胞」再生医療製剤、早期承認認められず 東北大病院で治験

 人体の傷ついた組織を修復する機能があるとされ、東北大を中心に研究が進む多能性幹細胞「Muse(ミューズ)細胞」を用いた再生医療製剤の早期承認を巡り、審査を担う独立行政法人医薬品医療機器総合機構(東京)が申請を認めない判断を示していたことが河北新報社の取材で分かった。

実用化まで数年以上遅れる見通し

 …

残り 2002文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る