閉じる

家族の物語、写真で紡ぐ 宮城・女川出身の鈴木麻弓さん 亡き父愛用のレンズで撮影

 宮城県女川町出身の女性が、東日本大震災で犠牲になった写真家の父との物語を写真で編む写真作家としての活動を続けている。津波にのまれた父愛用のレンズを通して撮影した女川の風景や修復した自身の家族のスナップ…。たどり着いた手法を詰め込んだ写真集は欧州で高い評価を獲得。女川でも初めて作品を発表し、「故郷で…

残り 945文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集